留守中の家を貸すリロケーション

転勤の辞令が出た場合、様々な問題が浮上するでしょう。 その中で、一番大きいとされるのが住居の問題です。 賃貸物件に住んでいる場合は、家族みんなで引っ越す場合も、お父さんが単身赴任をする場合も費用は少なくて済むでしょう。 しかし、マイホームを所持している場合、そう簡単には住み替えを行うことはできません。
そこで、役に立つのがリロケーションというシステムです。 リロケーションとは、留守中の住居を期間限定もしくは長期間、賃貸物件として貸し出すサービスのことを指します。 基本的には、間に管理会社が入り、入居者の選定やリフォームの手助けをしてくれます。 その他、入居者との連絡や建物の管理、定期巡回を代行してくれます。 リロケーションは、海外転勤などで自宅を長期間留守にする方や、留守にするが将来家族に家を残したい方などに最適です。 リロケーションには主に2種類の契約があります。
まずひとつめが「定期借家契約」と呼ばれるものです。 これは、転勤で一時的に家を空けるため、期間限定で賃貸物件として貸し出したい人が結ぶ契約です。 もうひとつは「普通借家契約」と呼ばれるものです。 これは、転勤を機会に長期間にわたって、自宅を賃貸物件として貸し出したい人が結ぶ契約です。 リロケーションのシステムを利用する前に、まずは今後のライフプランを考える必要があります。 考えた上で、どちらの契約が自身のライフプランに合っているか見極めましょう。
このサイトでは、リロケーションに纏わる情報を発信していきます。 ぜひ参考にしてみてください。

○特選サイト
こちらはリロケーションを検討している方が複数の不動産会社に一括で家賃査定を申し込むことができるサイトです・・・リロケーション

住む人もお得なリロケーション

年度の切り替えの季節になると、引っ越しシーズンが到来します。 人気の物件は、2月には既に抑えられてしまうようです。 以前より、分譲賃貸マンションなどは人気の物件として有名でしたが、最近はリロケーション物件が人気のようで・・・

リロケーションのメリット・デメリット

リロケーションは、入居者にも貸し手にも様々な利益があります。 しかし、勿論メリット、デメリットはありますので、注意が必要です。 ここでは、リロケーション物件のメリット・デメリットをそれぞれまとめてみました。 <リロケーションのメリット> ・入居者はハイクオリ・・・